FilterValues(リストA;リストB)の逆関数。

リストA」から「リストB」を取り除いた残り一覧を返す。
非再帰式で求める。
MathSets集合関数の「差集合」と同じ結果を得る。

用法: 逆FilterValues[リストA;リストB] もどきの設定要領
     リストA」→ 引数[1]
     リストB」→ 引数[2]

Sample input(入力例):
Sample output(出力例):
formula(式):

/*逆FilterValues 関数の式*/

Let([
 $prm[1]=引数[1];
  $prm[1]=¶ & $prm[1] & ¶;
 $prm[2]=引数[2];
   $prm[2]="[\"\¶" & Substitute($prm[2]; [¶; "\¶\";\"\¶\"];[\"\¶"]) & "\¶\";\"\¶\"]";
    $prm[2]="Substitute($prm[1];" & $prm[2] & ")";
  $res=Evaluate($prm[2]);
   $res="\"" & Substitute($res;[¶;"\";\""]) & "\";\"\"";
    $res="List(" & $res & ")"
 ];
  Evaluate($res)
 )