初心者のFileMaker pro Q&A

みんなに優しく、解りやすくをモットーに開設しています。 以下のルールを守りみんなで助け合いましょう。

1.ファイルメーカーで解らない事があればここで質問して下さい。 何方でも、ご質問・ご回答お願いします。 (優しく回答しましょう)

ログインしていません。

アナウンス

Claris FileMaker Pro 19 ヘルプ
新しい質問は、新規トピック から投稿して下さい。


#1 2019-03-12 10:31:45

もっとさん
メンバー

[解決] テーブルとファイルの違い

ファイルメーカーサーバ17とFMA17複数台での運用です。
サーバーは、Macmini。クライアントはWindows10です。
テーブルとファイルの違いがわかりません。
私は、注文を受けた時のメインファイルがあり、品名のマスターファイルとか作業指示ファイルとかを別に作成してリレーションをとっています。
1つのファイルの中にテーブルを作ることがどういうメリットがあるのかがわかりません。
ファイル数は減るでしょうが、別テーブルにデータを追加する時に、どこにあるかわかりません。
よろしく。

オフライン

#2 2019-03-12 15:36:04

Shin
メンバー

Re: [解決] テーブルとファイルの違い

複数ファイルにして最も面倒なのが、アクセス権の管理です。それぞれのファイルに、同じアカウント名と同じパスワードを設定していくことになるでしょうが、パスワードを変更する手間は、さらに面倒です。必要があれば、アカウントを管理するためのシステムを別に作ることもあります。
1ファイルにしておけば、それが1手間で終わりますね。
また、FileMaker serber で管理する際にも、バックアップの管理が面倒だったりします。

> 別テーブルにデータを追加する時に、どこにあるかわかりません。
フィールドの命名規則を作れば解決でしょう。別ファイルにしたほうが、解り辛くないですか。
どっちにしても、外部データソースとしてオカレンスはそのファイル内に作りますよね。

オフライン

#3 2019-03-12 19:30:45

もっとさん
メンバー

Re: [解決] テーブルとファイルの違い

なるほど。アクセス権の管理はそうですね。50ファイルがあるので、しこしこ設定しました。しかしこれぐらいのことはそれほど苦になりません。他にどんなメリットがあるのでしょうか?

オフライン

#4 2022-09-20 01:45:26

ぬmあ
ゲストユーザー

Re: [解決] テーブルとファイルの違い

違いについてですが、
リレーションシップグラフで扱うテーブルオカレンスのデータソースが、
現在のファイルか、外部のファイルかの違いだけだと思います。

#5 2022-09-20 04:36:20

Shin
メンバー

Re: [解決] テーブルとファイルの違い

> 50ファイルがあるので、しこしこ設定しました。しかしこれぐらいのことはそれほど苦になりません。
一般ユーザーが50人増えるとしても同じですか。また、そのユーザーがパスワードを変更する際には、ユーザーに50回同じ作業を強いますか。普通の運用として、初期パスワードを設定しておき、ユーザーの最初のログインン時にパスワードを変更させますね)また、定期的に変更させる場合も、同じでしょう。ユーザーを所属部署によってアクセス権セットを管理している場合、部署変更があった場合に、そのアクセス権の変更を管理側でしこしことしないといけませんよ。年度替わりに20人が配転になっても平気ですか。

同一ファイル内の別テーブルへのアクセスより別ファイルへのアクセスはごくわずか時間がかかりますが、大規模なシステムになると、かなりの遅延となる可能性があるでしょう。
他のファイルのテーブルを参照するために外部データベースを定義してそのオカレンスをマップに作るのですが、複数ファイルになるとそれが重複してくるのが、メモリーの消費量が増える可能性があります。
複数のテーブルを移動していくようなスクリプトの場合、単一のファイル内でしたら1個のスクリプトで十分ですが、複数ファイルになると、別のファイルのスクリプトを呼び出していくことになるので、該当レコードの選択や途中経過の受け渡しをスクリプト引数で行うことになり、作成は非常に厄介です。メンテナンスも、極めて厄介になるでしょう。(FM6までは、これで相当苦労していました)それを避けるために、外部データベースで大義していく外部テーブルのオカレンスを元に、1フィイル内にレイアウトやスクリプトを作っていってもいいでしょう。その究極の形が分離ファイルです。データだけのファイルがいくつもできるようになるのでしょうが、それならデータテーブルを1ファイルにまとめてしまった方が、管理も楽です。
外部テーブルのファイル定義は不可能ですので、そのファイルを直接開いてファイル定義を作ることになります。これもファイル数が多いと面倒です。
サーバーのストレージがHDDでしたら、たまにファイルの最適化をするために、最小化保存を行うことがありますが、ファイル数だけ作業が発生するため、面倒です。

苦にならないのでしたら、そのまま運用されればいいです。25年以上の長い運用経験のみに基づく話で、理論的にはどちらでもいいです。

オフライン

#6 2022-09-20 14:29:35

もっとさん
メンバー

Re: [解決] テーブルとファイルの違い

わかりました。アカウントとパスワードはユーザーに変更は認めておりません。アクセス権セットは幸い変更はないのですが、変更になったら、たしかにしこしこやらなければならなくなりますね。今更ファイルを減らすわけにはいかないので、今後はできるだけ別テーブルで対応するようにします。ありがとうございました。

オフライン

#7 2022-09-20 16:50:33

Shin
メンバー

Re: [解決] テーブルとファイルの違い

> アカウントとパスワードはユーザーに変更は認めておりません。
データベースの管理者が、会社の完全な第3者であるのでしたらいいのでしょうが、内製システムの場合、管理者はユーザーのパスワードを知る立場になってしまいます。そのため、機微な情報を扱う業種によっては、情報の改竄が行われた場合、情報の改竄について管理者はその疑いをシステム上は否定する事ができません。パスワードは、ユーザー管理にされることを、強くお薦めします。
現実には、それぞれの端末のログイン記録(端末ごとにユーザー設定されていて、ログアウトがされていれば)と監視カメラの画像から否定はできることもあるでしょうが。

編集者 Shin (2022-09-21 16:48:26)

オフライン

クィック投稿

メッセージを書いて送信してください。
登録の確認

実在の人物による登録であることを確認します。

Board footer